線維症の原因細胞発見
新薬開発に期待-阪大

 臓器が硬くなり、機能が低下する難病「線維症」を引き起こす原因となる細胞を発見したと、大阪大免疫学フロンティア研究センターの審良静男教授らが発表した。論文は22日、英科学誌ネイチャー電子版に掲載された。(後略)
 
時事通信 2016/12/22
線維症には「肝硬変」、「肺線維症」などがあります。現状では有効な治療薬がありませんが、これで新薬開発の希望が出てきました。

次世代SnapdragonでPC向けWindows 10がサポートされるそうです。

Snapdragonはスマートフォンなどに多く搭載されていますが、そこで動いているのはモバイル版のWindows 10です。ところが次世代のSnapdragonは普通にモバイル版ではないWindows 10が動くのです。

続きを読む

「ネットの医療情報は役に立たないと、2011年時点で思っていた」

ええと。
まず、Web上には「医師が参照する為に置かれている」医療情報が有ります。

次に、「専門家が一般の人が読めるように医療情報をまとめた」情報もあります。

自分が正確な情報を探せなかったからといって、ひとくくりに「ネットの医療情報は役に立たない」と言わないでほしいと考えます。

続きを読む

/* いろいろ面白い事が続いて「猫語」が長くなったので、記事に落として残しておくことにしました。単に長い「猫語」です。*/


ひさしぶりに早朝(夜中の3時)の散歩に出かけたらミニリュウ達が喜んで寄ってきました。6匹というのは30分の散歩としては多い方です。/* ルートが昔の川沿いなのです。ギャラドスも7匹持っています。*/ ミニリュウ保育園は更に充実中。そろそろまたBOXを増量せねば。



続きを読む

オーストラリアのクイーンズランド大学(UNIVERSITY OF QUEENSLAND)の研究者達が、大麦などに含まれている食物繊維の一つであるβグルカンがどの様なメカニズムで血中コレステロールを低下させているのか、という事を解明しています。


続きを読む

↑このページのトップヘ